貸し農園比較!初心者におすすめの貸農園は?

首都圏貸し農園比較。東京、横浜、千葉、さいたま他。手ブラで身軽に気軽に行けるので、初めて野菜作りをする方にもおすすめで話題の貸し農園をご紹介しています。従来の一般的な市民農園との比較、レンタル畑の特徴、料金、利用方法etc貸農園について簡単にまとめています。

貸し農園比較!初心者におすすめの貸農園は? 首都圏貸し農園比較。東京、横浜、千葉、さいたま他。手ブラで身軽に気軽に行けるので、初めて野菜作りをする方にもおすすめで話題の貸し農園をご紹介しています。従来の一般的な市民農園との比較、レンタル畑の特徴、料金、利用方法etc貸農園について簡単にまとめています。

国立市貸し農園で初心者にベストなところ

国立市貸し農園や市民農園をお探しの方で、野菜果物作りに初めて挑戦される方に、おすすめの貸し農園「シェア畑」の特徴についてまとめています。

 

立川市のシェア畑はJR南武線西国立駅、矢川駅からアクセスが便利ななところにあります。

 

↓シェア畑西国立の場所詳細はこちら↓

 

一般的な市民農園との比較をも交えながら簡単にまとめています。

 

国立市貸し農園おすすめ


 

国立市内の貸し農園について

国立市内にある貸し農園や市民農園は、運営主体が企業、個人、国立市が関わっているもの・・・等数多くあります。

出典

 一般的に貸し農園や市民農園といわれるものの多くは、苗や肥料や道具や資材は自分で用意する必要があります。

 

利用料金以外に自己負担分の費用もある事を念頭に置いておいた方が良いでしょう。

 

また全くの初心者にとっては、何をどれだけ用意したらよいか?が分かりませんので、費用総額、といっても想像し難い部分もあります。

 

そういう意味で必要なもの全て込みの料金体系で、できれば農園アドバイザー的な役割の方が常駐されているような貸農園がおすすめです。

 

国立市貸し農園おすすめ

 

シェア畑がおすすめ

全くの初心者が手軽に美味しい野菜作りを始めるのでしたら、(株)アグリメディアが運営していますシェア畑がおすすめです。 国立市、そして東京都内、首都県広域で貸し農園を展開しているシェア畑3つの特徴は下記の通リです。

  • 種苗、肥料、道具etc全て揃って料金込み、手ブラで通える
  • 無農薬野菜の獲れたてが食せます
  • アドバイザーが駐在していて初めての方でも安心

 

シェア畑無料見学予約

 

国立市貸し農園

>>シェア畑西国立公式サイト(外部リンク)シェア畑西国立国立市貸し農園

 

手ブラで通える

季節ごとの野菜の種や苗、重たい肥料、重たい農具や刃物、農具以外に必要な様々な資材も全て畑に常備されています。

 

国立市貸し農園

 

市民農園では用意されていなくて、自分で揃えなければならないものが完備されているため、手ぶらで通えます。

 

国立市貸し農園

 

休日はもちろん、通勤帰りや買い物ついでに農作業!が可能なのが人気となっています。

無農薬野菜を自分で栽培、安心、美味しい

化学農薬は一切使わず、牛糞、鶏糞たい肥や油かすなど自然由来の有機質肥料のみ。

 

国立市貸し農園

 

お子さまも安心、獲れたてを食べることが出来るので歯ごたえも甘みも旨みも格別で美味しい。

菜園アドバイザー!初めての方も安心

プロの農家や菜園アドバイザーが講師となり、育て方の講習会を毎月開催。

 

 

国立市貸し農園

 

普段から、菜園アドバイザーが親身になって教えてくれるので、初めての方や市民農園、家庭菜園で失敗した方にも安心でおすすめです。

お忙しい方のために栽培代行サービス(有料)もあります。

 

国立市内にはシェア畑が1カ所あり、ネットから無料で見学が申し込めます。

 

国立市貸し農園

 

 

↑無料見学公式リンクはこちらから↑

 

体験農園との違いは?

「シェア畑」は年間の作付計画に従って、やさい作りを体験できて、事前の相談により、ご希望に沿った作付が可能です。

ただし種や苗の料金は初めに含まれていますので、作付変更の場合は自分で種や苗を用意する必要があります。

一方「体験農園」は年間の作付計画に従って、野菜作りを体験できるものなので、作付変更は出来ません。

シェア畑は国立市のどこにある?

国立市には現時点でシェア畑が1か所あります。

国立市、その周辺の都内でシェア畑の農園がどんどん増えていってはいますが、応募者も多い為に、同時に空きも少なくなってきているのが現状です。

公式サイトから最新の施設とその空き状況をご確認の上、先ずは早目にネットから無料見学を予約する事をおすすめします。

 

国立市貸し農園おすすめ


 

シェア畑 西国立

住所 東京都国立市青柳1-2-3、1-2-4。JR南武線西国立駅、矢川駅の利用が可能、プロの栽培指導の他、農具や種・苗、肥料などがセットとなって、初心者にも安心、気軽に楽しみたい方向けに小型区画の「こども畑」もあります。

 

↑無料見学公式リンクはこちらから↑

 

シェア畑の料金は?

国立市貸し農園おすすめ


場所によって微妙に料金が違ってくるので詳細は問合せされた方が良いです。

 

目安相場で言いますと例として、税抜き月当たり「3㎡:4,908円 10㎡:7,408円~」「8㎡:8,200円~」等。

 

その他入会金1万円が必要です。

 

さて、市町村などが案内している市民農園は年間で5千円くらいから、あります。

 

但し、種や苗や肥料、農機具etcは自分で揃えなければなりません。

 

又菜園ザドバイザーが駐在してアドバイスしてくれる、というところも少ないでしょう。

 

駐車場やトイレなどが備わってないところも多い中、シェア畑は車でのアクセスや利用面での問題も配慮された運営になっています。

 

その分価格は高くなっていますが、シェア畑は初心者にとってはメリットが大きい、といえます。

 

ヨガや水彩画など「野菜作りの習い事」をするイメージの月額料金で、それに加えてできた野菜を美味しく食べる!土日は家族や仲間と土や自然に遊んでもらう!事が出来るのも良いですね。

 

  シェア畑 一般的な市民農園
種、苗、肥料などの準備 必要なし料金込み 自前で準備
アドバイザー 駐在 基本的に不在
料金 月4,000円から、入会金10,000円 月数百円程度、年間3,000円から
初心者向け
経験者向け

 

↑シェア畑公式リンクはこちらから↑

 

シェア畑の無料見学って?

国立市貸し農園おすすめn



先ずはネットから菜園アドバイザーが出勤している日時を選んで無料見学の申込みをします。

土日の日中は結構おられるようですし、週2日ぐらいお休みの出勤シフトのようです。

出勤日と予定が合わない方は調整可能と、公式サイトには書いていますので、先ずはネットから無料見学を申し込まれて、自分の目で見て、詳細を直接アドバイザーからお聞きになる事をおすすめします。

 

↑無料見学公式リンクはこちらから↑

 

その他の国立市内貸し農園

国立市内にある貸し農園、市民農園をネットから集めて、設備に関してもピックアップしてみました。

 

*情報は記事作成時点のものです。

 

青柳農園は小農機具、水道、寺ノ下農園は特に設備は無し、せせらぎ農園は駐車場、小屋有り、永福寺北農園、リンゴの花農園、農業塾は小屋、農具、水道、城山の里市民農園、泉第一はなぶさ園は小農機具小屋、水道、トイレ、泉第二はなぶさ園も小農機具、小屋有り、水道、トイレ、老人レジャー農園等々その他多数

 

 

 

貸し農園東京都内「記事一覧」