貸し農園比較!初心者におすすめの貸農園は?

首都圏貸し農園比較。東京、横浜、千葉、さいたま他。手ブラで身軽に気軽に行けるので、初めて野菜作りをする方にもおすすめで話題の貸し農園をご紹介しています。従来の一般的な市民農園との比較、レンタル畑の特徴、料金、利用方法etc貸農園について簡単にまとめています。

貸し農園比較!初心者におすすめの貸農園は? 首都圏貸し農園比較。東京、横浜、千葉、さいたま他。手ブラで身軽に気軽に行けるので、初めて野菜作りをする方にもおすすめで話題の貸し農園をご紹介しています。従来の一般的な市民農園との比較、レンタル畑の特徴、料金、利用方法etc貸農園について簡単にまとめています。

庭で家庭菜園から貸し農園野菜作りへ

自宅のお庭にあるスペースを利用して野菜作り家庭菜園を始める人も多いですね。

誰も手作りの野菜で、新鮮に食べてみたいもの、「・・・うちで獲れたんですぅ・・・」とかって言ってみたいものです。

 

庭家庭菜園貸し農園

お庭の土はそのまま使えない!

しかしご存じの方も多いでしょうが、野菜作りをしていく上でお庭の土はそのままでは使えません。

お庭に野菜を植えたい場合は、まず最初に土に手を入れなければならないのですが、これが初心者には大変・・・と感じてしまうんですね。 

初心者の方は専用の培養土がおすすめ

お庭家庭菜園初めての方には専用の培養土がおすすめです。

培養土とは植物を育てるのに必要な基本用土や肥料などがあらかじめブレンドされた土のことです。

初心者には分かりにくい面倒な配合や調整をせずにそのまま使えるのでが良いですね。

アマゾンで「培養土」で検索しますと25Lで599円とか、がこれぐらいの値段が相場のようです。

しかし25Lってどれぐらいの土の量になるの?家庭菜園にする伊庭の面積から土の量はどう計算するの・・・と正直なところ何かと分からない事ばかりです。

 

庭家庭菜園貸し農園

培養土を使わないでお庭で家庭菜園?

培養土を使わずに、お庭の土を使いたいという方は土を野菜作りに適した環境に改良することが必要です。

初心者にはちょっと大変!DIYのお店で必要な土の量を聞いて培養土を買ってきたほうが良いですね。 

具体的に土作りってどうするの?

ネットで調べてみました、下記箇条書きで。

  1. 場所選び
  2. 30cmぐらいまで掘り起こす
  3. 苦土石灰(酸化マグネシウム)を巻く
  4. 1週間後有機肥料を巻いて土をふかふかに
  5. 土の表面を水平に整地
  6. 他の場所との区切りをつける

 どの工程も大変ですが、ネットでは「庭 家庭菜園 仕切り」とか「庭 家庭菜園 囲い」とかで検索している人が多いようで、6番目の項目に皆さん苦労されている、良いものを探しておられるようです。

お庭家庭菜園から貸し農園へ

家庭菜園はプランターでの栽培でも自宅のお庭での栽培でもたくさん本が出ていますし、ネットでも口コミでいろんな事を知る必要があります。

しかし実際やってみないと分からない事や、やってみるからこそ経験で自然に覚えてしまう事も多いですね。

ですが、正直独りで始めるのも心細いでしょう?

結局のところお庭のでの野菜作りでは、誰かに聞いて始めるのが一番良いかな?と思ってしまいます。 

菜園アドバイザーがいるレンタル畑

一般的に市区町村が案内しています貸し農園やレンタル畑は、ある程度農園野菜作り経験者向け、といえます。

 

ところが最近は初心者の方向けにベテランの方々(菜園アドバイザー)がある程度常駐していて分からないところは気軽に聞く事ができる貸し農園が人気となってます。

 

こうなりますと、お庭家庭菜園の段階を踏まなくても、あるいは家庭菜園をしながら並行して、スタートから畑で野菜を作ってみたくなる方も多いのでは?と思います。

 

庭家庭菜園貸し農園

貸し農園を選ぶポイントは?

さて野菜作り初心者の方が貸し農園を選ぶポイントは?と下記に挙げてみました。

  • 菜園アドバイザー、アドバイスしてくれる方がいる
  • アクアセスが良い、駐車場がある
  • トイレ、水道、休憩所などがある
  • 肥料や道具など必要なもの一式が利用料金に含まれて料金体系が明瞭

こういう初心者にメリットが大きいようなシステムになっているところは、民間の会社が運営しているところが多いです。

レンタル畑、という言い方が定着してきたのもこのようなところが増えてきたからですね。

利用料金は市区町村が案内している市民農園よりは高くなっています。

でも一概には比較できません。

自分で用意するものがあったり、トイレなど設備がなかったり、何より菜園アドバイザーがいるところも少ないでしょう。

借りる畑の広さにもよりますが、毎月習い事に行く、月●●千円、みたいなイメージの月額料金です。

それでもいろんな面でトータルで考えますと初心者にはおすすめ、といえます。

東京、横浜、川崎、神奈川、埼玉、千葉、そして関西は北摂、阪神地区にあるシェア畑がこのようなシステムです。

 

 

 

地区別貸し農園まとめ